RACCO電子カルテシステム - 電子カルテの導入ならシステムロード株式会社

RACCOとは

医療現場に合わせる優れた適応性

紙カルテをそのままに見やすく使い勝手の良さを追求

見慣れた紙カルテの見栄えをそのままに、いかに使いやすく業務をスムーズに行いながら、
患者様に喜ばれるかを追求しました。

 

手書きでもキーボード入力でも診察できる 診療録画面

手書きができるペンタブレットを採用し、マウスの代わりではなく文字をそのまま書く事ができるようにできています。
紙カルテと同じように、そのまま文字やシェーマを書く事ができます。
また、キーボード入力を中心にご利用されたい場合でもファンクションキーに対応するなど、使いやすさを追求しています。

診察した説明内容をその場で印刷できる 処方画面

患者様に画面を見せながら説明し、そのまま印刷をして患者様に渡す事ができます。
電子カルテの運用にありがちな、画面をみるだけで患者様の顔を見ないといったサービスの低下は防がなければなりません。

インフォームドコンセントを容易に実現させる事で、患者様へのサービスも万全です。

テンプレート・セット・お気に入り登録機能で診療がスムーズ
処方薬のお気に入り登録機能をはじめ、主訴や診断の内容もテンプレート機能で素早く選択できます。
セット登録機能では、あらかじめ行う診療行為のセットを登録しておくことで、医師の入力作業を軽減させることができます。 
入力に手間がかかり診察時間が長くなったり患者様との対話時間が短くなるようなことを避け診療をスムーズに行えます。

 

日医標準レセプトソフトと連携する電子カルテ

日医標準レセプトソフト レセプトソフトに日医標準レセプトソフトを利用します。初期の導入費用を安価にするだけでなく導入後のマスタ更新やプログラム改定が無償で提供されるなどコストパフォーマンスに優れます。また、ソフトが常に最新となりますので、ソフトが古くなって買い替えを迫られるような事がなく安心してご利用頂けます。(入院会計の連携も可能)

 

中小病院まで対応する優れた機能性とカスタマイズ対応

医療機関様が目指すIT化にどれだけ対応できるか。
電子カルテにちょっとした機能を追加して、オリジナルサービスを実現することが安価にできます。
また、中小病院まで対応するRACCOシリーズではオーダリングシステムや部門・診療支援システムなど、さまざまなアイテムをご用意しています。

 

画像ファイリング機能が標準装備

医療機関様がIT化する際に、デジタルカメラで撮影した写真や内視鏡で撮影した画像を保管したいとの要望が多くあります。
画像ファイリングソフトを追加で購入し電子カルテと非接続で利用されるケースも少なくはありません。
そこで、画像管理機能を標準に装備し、患者様の情報を一元化する事を可能にしました。
画像ファイリング機能

 

文書管理システムが標準装備

文書管理システム 紹介状の作成からお礼状の管理まで、医療機関様で発生する対外的な文書を多彩な機能で一元管理できます。
雛形文書機能の採用により患者様の基本情報だけでなく文書そのものを雛形化にすることで、定型的な文書の作成であればワンタッチで文書を作成できます。
また、連携医療機関の管理機能も充実していますので対外的な営業活動や経営分析にも活用されることが期待できます。

 

診療を支援する優れた機能

実施歴参照機能
患者様が今日に至るまでに実施された検査などの実施内容が時系列に表示されクリックひとつで検査結果などの詳細データを素早く参照及び把握することができます。
また、家族ムンテラなど医療的にポイントとなる診療内容も含めてサマリー的な役割も果たします。
実施歴入力画像イメージ_採血結果参照イメージ
実施歴書式マスタの登録により検査所見や手術記録などの雛形作成が簡単にできます。
シェーマや定型文の組み合わせも可能です。
その他の機能
診察予約機能 薬剤併用禁忌確認 薬剤情報提供所発行 診断書作成機能 バイタルグラフ機能 自病院名登録機能 定期処方入力機能 患者禁忌確認機能 患者付箋紙機能 主病名登録確認機能

ページの先頭へ