RACCO電子カルテシステム - 電子カルテの導入ならシステムロード株式会社

RACCOとは

有床診療所向けパッケージ(Optional Pack)

主なパック内容
  • 汎用的な外来向け電子カルテでは有床診療所の運用には対応が難しく、システム化に踏み切れない。有床診療所向けオプショナルパックがこの問題を解決しました。
  • パック化することで価格も安価にご提供することができます。

 

主なパック内容
電子カルテ

外来/入院カルテ
実施歴/各種報告書作成機能
紹介状/文書管理システム
画像管理機能(画像ファイリング)

病棟看護支援システム

基礎情報(アナムネ対応)
看護経過/看護記録
看護計画(問題リスト型)
温度板
カーデックス
ワークシート
看護サマリー

病棟管理システム

病棟マップシステム
入退転連絡システム

オーダリングシステム

オーダ機能(指示受け・実施コスト連携)
入院オーダ/入院診療計画書発行
オーダ待ち一覧機能

医事会計システム

日医標準レセプトソフト(有床版)
外来/入院会計連動機能
カーデックス
ワークシート
看護サマリー

有床診療所でIT化が難しいとされるのは何故か

有床診療所においてIT化を進 める上で問題になるのが病棟のIT化です。 外来版電子カルテに機能を付け足した程度のシステムでは、実用的なIT化を実現するのは難しいとされます。 何故なら有床診療所は無床診療所の延長ではなく病院に相当する運用に対応できるシステムが求められるからと言えます。 有床診療所パックは、中小規模病院で実績がある統合医療情報システムをベースに有床診療所の 専用パッケージとして提供しています。

 

プラグイン機能により柔軟なシステムを構築

医療機関様の運用スタイルに合わせて、専門性に特化した機能をプラグインすることができます。 例えば、内視鏡電子記録システムをプラグインすることで、内視鏡の予約・撮影画像管理・検査報告書・患者説明書など 専門性な部分が追加でき、力を入れている分野の機能アップを行うことができます。

 

日医標準レセプトソフトとの連携

日医標準レセプトソフト(ORCA)の採用によりコストパフォーマンスにも優れます。 既にお使いの医療機関様の場合、処方データなどをコンバートすることができ、導入初日から処方Doをすることも可能です。

 

基本機能ピックアップ
外来・入院カルテ

入院カルテ機能は、入院オーダをはじめ、入院時処方オーダ・注射オーダなどのオーダ機能、入院時診察機能が用意されます。 また、入院診療計画書や退院時サマリー・退院証明書作成機能など、文書管理機能も充実しています。

入退院管理

入院オーダ(指示)より入院予約(決定)、入院確定処理から退院決定・退院確定、そして転床確定・転科確定と管理できます。病棟マップ表示機能では、一目で在院患者の入院状態が把握でき、オーダや医師・看護師による記録も患者選択が素早く紙カルテでは実現できない操作性をもちます。

看護支援

アナムネ入力・看護計画・温度板・リスクアセスメントなどの病棟における業務支援を行います。医師・看護師による連絡ツールや、フリーハンドで書けるメモ機能など、コミュニケーションを大事にしたき機能も実用性を高めます。病棟で発生したコスト(会計カード)もクリックだけの簡単入力によりコスト漏れを防ぎます。

カーデックス

医師による指示(電子オーダ・定型入力支援オーダ)が簡単にできます。看護師による実施状況のサイン機能により、実施状況を的確に把握できます。また、確認したい時に即時に診療録を確認でき、そのまま記録することも可能です。

 

計画的なシステム導入をめざして

日医標準レセプトソフトの導入から始めたい医療機関様でも無駄のないステップ型の導入が可能です。

 

ORCAとの連携

日医標準レセプトソフト(ORCA)との連携を標準装備しています。 入院会計の連動で、業務の効率化を図ります。

実用性に優れた機能

有床診療所版パッケージは、200床未満の病院に対応したRACCO統合医療情報システムのアイテムから必要な機能を有床診療所向けにパックしています。 洗練された実用性に優れたシステムを医療機関様の思想に合わせてご活用ください。


ページの先頭へ