RACCO電子カルテシステム - 電子カルテの導入ならシステムロード株式会社

導入事例
都ホテル東京メディカルクリニック
河野 研一 院長

河野 研一 院長

診療科目

内科 外科 整形外科 皮膚科 小児科

 

医療法人社団研友会 都ホテル東京メディカルクリニックの院長 河野研一先生は以前は、
他社レセプトコンピュータを御使用していましたが、日医標準レセプトソフト(ORCA)を御使用いただき、
その後 RACCO電子カルテを導入し、活用しています。

導入効果1(実務)

RACCO電子カルテの使用を検討したとき、入力に時間が掛かったり、入力が難しいのではないかと心配がありました。
実際に使ってみたら、簡単にカルテの入力や処方、指示入力ができたので、とても重宝しています。
処置室においてあるロールプリンタから、指示した内容を指示箋として印刷しています。
指示箋には患者さんの名前や年齢、性別が表示されているので、指示の間違いや患者さんの取り違いの予防にもなります。
また、迅速に処置内容の伝達ができていますので医療の効率化が実現できています。
ロールプリンタから処方内容の印刷もできますので、お薬手帳に貼り付けることができますのでとても便利に使用しています。

 

導入効果2(連携)

当院ではCTやレントゲン、眼底カメラ、エコーなどの画像を画像サーバで管理しています。
画像サーバとRACCO電子カルテを連携しているので、受付の日レセで患者登録をすれば、画像サーバでは患者登録の必要がありません。
院内の効率化を実感しています。
画像サーバとRACCO電子カルテをビューワ連携させているので、電子カルテ画面から簡単に患者さんの画像を表示させています。
日々行っている内容ですので、ストレスが溜まらずに快適に運用しています。
画像をシェーマの代わりに電子カルテに貼り付けることも簡単にできるので患者さんへの説明が容易にできますので患者さんとの距離感がぐっと縮まったように感じています。

 

導入効果3(サポート)

RACCO電子カルテのレセコンは日レセを使用しています。
日レセはレセプトオンライン対応をはじめ、法律の改定や点数改正など、素早く対応しているのでとても安心感を持っています。
日医が作成していることが信頼感や安心感を感じている要因になっていると思っています。
日レセやRACCOの対応や操作の問い合わせについては、インターネットを使用して迅速に対応してもらっているのでですので、迅速な対応を実感しています。
機器の増設を希望したときなど、相談事があったときには親身になって相談に応じてもらえるので、安心してサポートを任せることができます。


ページの先頭へ 導入事例の一覧へ