RACCO電子カルテシステム - 電子カルテの導入ならシステムロード株式会社

導入事例
篠崎医院
篠崎 玄幸 理事長

篠崎 玄幸 理事長

診療科目

内科 消化器科 循環器科

 

医療法人社団至玄清秀会 篠崎医院の理事長 篠崎玄幸先生は以前は、他社レセプトコンピュータを御使用していましたが、
現在日医標準レセプトソフト(ORCA)を御使用いただいています。

導入効果1

日医標準レセプトソフト(ORCA)は他社レセコンと違い、 日本医師会が開発しており、 フリーウェア(無償ソフト)として公開されています。
よって、初期導入費用を抑えることができます。
また、リースが終了してレセコンを買い変える際にメーカーレセコンはソフトとハードを併せて買い換えが必用となりますがORCAはハード代だけでソフト料は発生しません。
年間サポート料も割安ですので、使用年数が増えるほど資金的なメリットは大きくなっていくことが魅力の一つです。

 

導入効果2

サポートはインターネット回線を利用して行うことができます。
よって、何か問題が発生しても、サポート員があたかも隣にいるような感覚で問題を解決します。
つまり、インターネットを通じてORCAを修正してもらえます。よって、距離など関係なく、どこでも均一なサポートの提供を受けることができます。
問い合わせは医事経験者が対応してくれるので理解が早く、スピーディな対応をしてもらっています。
定期的な法改正時など,通常はCDやフロッピーが送られてくることが多いメーカーレセコンと違い、インターネット回線を活用し、
システムロードが行いますので、医療機関側での作業がないので安心して使用できます。

 

導入効果3
レセプト電算(フロッピー提出)はORCAでは現在でも標準で対応しています。 メーカーレセコンではオプションになることが多いので、この差は大きいと感じています。
今後予定されているレセプトのオンライン化についてORCAは医療機関の立場に立った考えのもと、より簡単で低コストなものを提供してくれます。

ページの先頭へ 導入事例の一覧へ