RACCO電子カルテシステム - 電子カルテの導入ならシステムロード株式会社

導入事例
岡内科クリニック
岡 正直 院長

岡 正直 院長

診療科目

内科 消化器科 循環器科

 

医療法人社団岡メディカル 岡内科クリニックの院長 岡正直先生は以前は、他社レセプトコンピュータを御使用していましたが、
現在日医標準レセプトソフト(ORCA)を御使用いただいています。

導入効果1(費用)

日医標準レセプトソフト(ORCA)を使用する前はメーカー製レセコンを使用していましたが、何年か経過をすると法改正に対応されなくなりました。
これを機に日レセを活用することとしました。日レセはメーカーレセコンと違い、ソフトウェアの買い換えの必要がないことが魅力です。
何年利用してもハードウェアを買い替えるだけですので、初期費用のコストダウンだけでなく、使用後も安心して、安定使用できます。
サポート費用も安価で対応してもらっているので、初期費用と併せてコストメリットは大きく、また、使用年数を重ねる毎にメリットは大きくなっていくことは大きな魅力です。

 

導入効果2(実務)

過去に使っていたメーカー製のレセコンでは患者さんの診療データの保存期間が限られていて、一定期間に達すると自動的に診療データが削除されてしまっていました。
日レセは患者さんの診療データが消えることなく、いつまででも保存しておけるので、患者さんの過去の履歴を参照したいときでも、すぐに参照が出来ますので、とても便利です。
法改正時の日レセのバージョンアップはシステムロードが行いますので手間暇はほとんどなく、法改正の直前になってあわてることはありません。
また、問題が発生したときでもリモートメンテナンスを利用することで、迅速に問題を解決しています。
システムロードの対応にも不満はなく、丁寧な対応をしてもらっています。
インターネットを通じ点数改定やプログラム改定を行いますので、常に最新の状況での使用が可能です。

 

導入効果3(発展性)

日レセはレセプト電算をすでに標準装備されていますが、今後レセプトオンライン化の対応や特定健診の対応など、益々の発展をしていくことと、感じています。
また、発展していくシステムが全て標準仕様となっていますので、期待はふくらむ一方です。
日本医師会が作成している日レセは、常に医療機関の立場に立った拡張機能を提供してくれるものと確信しています。
今後日レセのユーザーを益々増やしていくことにより、益々良いシステムになり、良いシステムになるとユーザーが益々増えていくという相乗効果を期待します。


ページの先頭へ 導入事例の一覧へ